罪悪感も少ない?ダイエット中におすすめのベジバーガー!

レシピ

ハンバーガーがとにかく好き!毎日でも食べたいという我が家。

私は妊娠中、つわりが酷くて何も食べれなかった時期も、ハンバーガーはなんとか食べることができたので、ほぼ毎日1つは食べてました。(おかげで、15kgも太ってしまったのですが!)

現在産後ダイエット真っ最中なので、ジャンクフードは極力食べないようにはしているものの、たまに食べたくなるんです、ハンバーガー。

ハンバーガーはとても美味しいですが、やはりカロリーが気になりますよね。

とうわけで、今回は野菜もとれるベジバーガーをご紹介します。

バッファローウィング風ひよこ豆のハンバーガー

調理時間:25分

材料(4人分)

<バンバーガーのパテ用>

カシューナッツ 1/3カップ
にんにく ひとかけ
ひよこ豆 2カップ
キヌア 1/2カップ
全粒粉小麦粉 大さじ5
セロリ 1/3カップ
人参 1/4カップ
玉ねぎ 2個
卵 L1個

タバスコ 大さじ1-2*
パセリ 大さじ2*
レッドワインビネガー 大さじ1*
カイエンペッパー 小さじ1/2*
セロリシード 小さじ1/2*
ガーリックパウダー 小さじ1/2*
塩 小さじ1/4*
コショウ 少々*

<ソース用>

ヨーグルト 1/2カップ
ブルーチーズ 大さじ2
粒マスタード 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1

<盛り付け用>

ハンバーガーのバンズ 4つ
ロメインレタスの葉 4枚
トマト 1個
紫玉ねぎ 1/4個

下準備

  1. キヌアは、沸騰したお湯で茹でておく
  2. 卵は、ときほぐしておく
  3. 人参は、皮をむいてすりおろす
  4. *の調味料を合わせておく

作り方

パテを作る

1. カシューナッツとにんにくを細く刻み、合わせる。

2. ひよこ豆、キヌア、セロリ、人参、玉ねぎをみじん切りにし、*の調味料と混ぜ合わせる。

3. 2に小麦粉と卵を加え、よく混ぜたら、30分冷蔵庫で休ませる。

注意:混ぜる時にフードプロセッサーなどを使用すると、混ぜすぎになりやすく、液状になってしまうためおすすめしません。ボテボテ感を残すようにすりつぶし、混ぜ合わせていくことがポイント。

ソースを作る

4. 小さめなボールにヨーグルト、ブルーチーズ、粒マスタードとコショウを入れる。フォークでチーズを潰し、よく混ぜて冷蔵庫に入れて保存。

5. 小さめのボールにヨーグルト、ブルーチーズ、粒マスタードとコショウを入れて、フォークでチーズを潰しながら全体を混ぜる。混ぜ合わさったら、冷蔵庫で保存しておく。

パテを焼く

6. 3で作ったパテを4当分し、形作っていく。1.3cmぐらいの厚さが望ましい。

7. 油をひいて、4を焼く。焼き目がついて、カリッとしてきたら、裏返してさらに焼く。
(片面4-5分程度)

8. 下からバンズ、パテ、ロメインレタス、紫玉ねぎ、5のソース、トマトの順に盛り付けていき完成!

まとめ

ダイエット中でも、無理な食事制限はよくありません。

ダイエットに大敵であるジャンクフードやスイーツも工夫次第で、我慢せずに食べることができます。

 

ブログランキング参加中!
こちらもよろしくお願いします。

ヘルシー料理ランキング

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました